初めての海外

会社を6月にやめ7月がいよいよ出発である。パスポートや両替などの準備をして航空券を手に入れた。それから出発当日2時間前には搭乗手続きのため空港に到着する。それから飛行機に乗り1年3か月帰らなかった。最初はパーサーが日本人の横へ席を変えてくれた。しばらくは旅のことをその日本人から教わったでも彼は台湾で降りる。

隣にはいろんな国籍の人が来た。思い切って英語で話しかける。わからないときは辞書を見た段々慣れてくる水割りを飲みながらリラックスするまず目的地のコペンハーゲンまでは東京から20数時間かかるのだ。思い立ってから1年ほどやっと僕は機場の人となった。これからの旅に胸が高鳴った。とりあえずは北欧で2か月働きヨーロッパを南下してエジプトあたりに行こうと考える。この時僕は二十歳であった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました