農場で働くノルウェー

ブルムンダルのクリスチャン宅に到着したのは7月の下旬だった。そこには23歳の

農場主のクリスチャンとポーランドら出稼ぎのトーマスとバイトのマーチンと働いた。他には同居

人が男性一人と女性がいた。僕はワーキングホリデーなので寝る場所と食事は無料だった。それから金曜日にはこずかい程度の給料をもらった。それに自転車を借りた。仕事は日本の農家みたいにハードではなく朝7時に起きて昼の3時ころには終わってコーヒーを飲んだ。畑での収穫や巻き割りなども行った。もし動物がいたら仕事はもう少しきつかっただろう...野菜や麦やいちごを作っていた…家畜はいなかったので土日は休みだった。まだノルウェーは夏白夜の季節だったが規則正しく生活をした。週末には映画館やディスコなどに連れて行ってくれた。物価は高かった。9月末までここで働いた。いよいよこれからヨーロッパを南下する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました